エーザイの運動器疾患に関する総合WEBサービス
Eisai Orthopaedic Club

医師会員限定コンテンツは、エーザイMedical会員登録がお済みの医師の方のみご利用いただけます。

診断・治療・病態・動画

骨粗鬆症

  • 概要
  • 広範囲疼痛指標
  • 症状重症度スケール
  • スコア

2010年米国リウマチ学会(ACR)
線維筋痛症に関する予備的診断基準1):概要

2010年ACR基準では、下記の3要素の評価を求めている

  1. 広範囲疼痛およびその他の症状が3カ月以上続いている
  2. 身体の有痛部位を評価する広範囲疼痛指標(医療従事者が記入する質問票)
  3. 疲労、起床時不快感、認知症状、その他の身体症状の程度や重症度を評価する症状重症度スケール (医療従事者が記入する質問票)
参考文献:
  • 1)Wolfe,F.et al.:Arthritis Care Res 62(5):600, 2010

Part 1 :広範囲疼痛指標(WPI)

  1. WPIは患者さんが過去1週間に痛みを感じた部位の総数です。
  2. 痛みの部位を確認した後、その数を合計し、用紙に記入してください。WPIスコアは0~19です。
  3. 医師と患者さんが痛みの部位を特定する際には、身体の前面と背面の図をお役立てください。

Part 2a :症状の重症度(SS)スケール:重症度レベル

  1. SSスコアは、過去1週間に感じた疲労、起床時不快感、認知症状の各症状の重症度レベルを判定します
  2. 各症状について、重症度の程度を1つだけお選びください。Part 2aのスコアは、重症度レベルを示す数字の合計です。
  3. Part 2bのスコアを計算した後、このPart 2aと2bのスコアを足して、SSの合計スコアを出します。

Part 2b :症状の重症度(SS)スケール:その他の身体症状

  1. SSスコアは、患者さんが過去1週間に感じたその他の
    身体症状の程度を測定するのに使用します。
  2. 身体症状の数を数えて、その数に最もよくあてはまると考えられるスコアを選びます。
  3. Part 2bを行った後、このPart 2aと2bのスコアを足して、SSの合計スコアを出します。
例:

もし患者さんのWPIスコア(Part1)が9で、SSスコア(Part2aと2bの合計)が6であった場合、患者さんは線維筋痛症のACR予備的診断基準を満たしている。

もし患者さんのWPIスコア(Part1)が5で、SSスコア(Part2aと2bの合計)が7であった場合、患者さんは線維筋痛症のACR予備的診断基準を満たしていない。

スコアの意味

下記の3つの条件にあてはまる患者さんは、線維筋痛症の診断基準を満たしています

  1. a)
    WPIスコア
    (Part 1)
    が7以上で、
    かつSSスコア
    (Part 2aと
    2bの合計)
    が5以上
    または
    b)
    WPIスコア
    (Part 1)
    が3~6で、
    かつSSスコア
    (Part 2aと
    2bの合計)
    が9以上
  2. 症状レベルが変わらず3カ月以上持続している
  3. 他に痛みの原因となりうる障害がない
2010年ACR基準をダウンロードする
01 / 05
閉じる
CHAPTER - 01 / 03
TOP